オーラルケア前橋デンタルクリニック|前橋市大手町

歯周病治療

歯周病は歯を支える組織に炎症が起こる病気です。
実際に通院し歯石をとったり、歯磨き指導を受けても口臭や出血等で悩まれている方、歯を失う方が多いのが現実です。
では、なぜ歯周病はよくならないのでしょうか?
なぜなら歯周病は風邪と同じで感染症なのです。
風邪の時は医師の指示通り薬を飲めば治りますよね。 歯周病もお薬で治せるのです。

主な歯周病の症状

・歯茎が赤い
・歯茎から血が出る
・歯茎から膿が出る
・口の中がねばつく
・口臭を指摘されたことがある
・歯がしみる
・歯のザラつき
・歯のグラつき
・咬むと痛い
思い当たる症状はありませんか?

歯周病と全身疾患との関係

歯周病は生活習慣病の1つです。糖尿病、心臓病、肺炎などに関与し、歯周病菌が全身のさまざまな疾患に影響を与えていることが解明されています。
早産や低体重児の出産のリスクも高めます。
近年、誤嚥性肺炎により、高齢者の死亡率が増加しています。これも歯周病菌が原因の1つと云われています。 当医院では必ず治療前に顕微鏡検査をし口腔内の菌の状態を調べます。
歯周病は細菌による感染症です。ペットや人からも移ります。
お口の中にはどんな細菌がいるのか。
原因菌がわかれば適切な対処ができます。 歯周内科治療で歯周病を治しませんか?

歯周内科治療について

位相差顕微鏡

1)位相差顕微鏡を使い、歯と歯茎の間の溝の歯垢を少量とり検査をします。

説明している

2)感染している細菌・真菌・原虫を確定し活動性や、運動性・数を見ることにより 現在の状況、今後はどういう状態になるかの説明を行います。

ジスロマック

3)菌の種類に応じた薬を処方します。
■歯周病菌が多い場合は除去薬剤の内服
ジスロマック
1日に1回2錠を3日間服用する抗菌剤です。

ペリオバスター

■真菌(カビ)が多い場合はカビ取り歯磨き剤
真菌(カビ)の除去が目的の天然成分で構成された安全な歯磨き剤です。
■約一週間後に位相差顕微鏡での再検査を行い、除菌されているかの確認をし、歯石とりをはじめます。

この治療方法は動画管理システムで記録され治療前と後の状態の微生物叢の画像がはっきり示される利点があります。
患者さんにも解りやすく治療の負担が少なくかつ治療効果の高い治療法です。
非常に短期間で出血や排膿が改善されます。
歯周病で悩んでいる方、もしかしたら歯周病?と思っている方には自信をもっておすすめします。

スピロヘータ アメーバ カンジタ 正常菌叢

歯周内科治療後の注意点

1)歯周病は細菌による感染症なので再感染に気をつけましょう。
感染ルートとして回し飲みや回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどがあげられます。
特に性感染に気をつけましょう。

2)歯磨きはただ磨けばよいというものではありません。
毎日正しく適切な歯磨きをしましょう。

3)免疫力の低下、喫煙は再感染の原因になったり、潜んでいる細菌の勢力を高めてしまいます。
生活習慣や、体調管理に十分気をつけましょう。

4)カビ菌は常在菌です。どなたのお口の中にも住みついています。
食べ物や空気中、手指からどんなにやっつけてもお口に戻ります。
カビ菌が増えすぎると歯周病菌が再感染しやすくなります。
カビ菌が増えてないか、歯周病菌が再感染していないか、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか。
定期的に顕微鏡を用いた検診を受けましょう。
そしてお口の衛生環境を保ちましょう。